11月9日(日)村岡教室「修了式」@豊岡あいうえお

 この日で約1年半にわたって豊岡のあいうえおさんの
村岡でのにほんご教室が終了した。
学習者さんや関係者が参加して、すごい賑やかな
「修了式」が開かれた。

賞状を受け取ったみなさん、おめでとうございます。
これからはヨチヨチあるきの香美町にほんご広場
「マルカル」と共に、一段とにほんごに触れて、
楽しみ、お互いに学んでいきましょ〜☆
あいうえおさん、これからもアドバイスやご指導、
そしてたのしいお付き合いをよろしくお願いします!

式終了後はお待ちかねの「たこ焼きパーティ」
あいうえおさんでは、月に一度のお茶会や、
クリスマスパーティなど、国際色豊かなおいしい
イベントが度々行われる。この雰囲気だいすき!!
マルカルでも<楽しく&おいしく>を目指して
仲間を増やしていきたいな〜♪


次回はいよいよ「マルカル」単独?での教室、第1回目。
11月23日(日)9時から村岡公民館にて!! どうなることやら〜

ボランティア勉強会+ギョウザの会②

9月10日(水)村岡公民館にて
香美町「にほんご教室」開催に向けて
授業のすすめ方、教え方を学ぶ
第2回目ボランティアさんの勉強会が
ありました。

今回も多くのボランティアさんが来て下さり、
講師の安田くんもホントに先生みたいです。

今回のテーマは「練習ってどうするの?」

文型導入をすませて、ある程度学ぶことを
理解してもらったら、次は練習です。
練習の目的は「口が文型に慣れる」。
そうすることで後の応用がスムーズに進みます。
練習はいろんな方法があります。

①リピート練習(手を使ってキューも忘れずに)
②代入練習(「○○を食べます」など)
③変形練習(「○○たい」…見ます>見たい)
④拡大練習(文を長くしていく「公民館で
      明日ギョウザを食べたい。」)
⑤結合練習(「○ので□」…頭が痛い+休みます)
⑥完成練習(「○ので□」…お腹が空いたので□、
      □の部分を考えて文を完成させる)
⑦応答練習(支援者╳学習者、学習者╳学習者)

などなど

ポイントは、
■「やさしい」から「むずかしい」へ。
■実際に学習者が使いそうな文で。
■飽きないように、緊張感を出す工夫。
 (練習に集中してもらう)
■数名で練習するときはできる人から
 始める。(学習者さんの状況へ配慮)



授業を進める上で大事なことは
【ひとりひとりの学習者さんのことを知る】
やっぱり人と人とのお付き合い。
お互い気持ちよく楽しく行いたいですね!

そして前回に続いて好評の
「ギョウザつくりたべ会」も開催!
今回はアレコレと差し入れもあって
ピクニック気分。
やはりおいしいモノをいただいていると
空気も和んで和気あいあい、
ボランティアさん同士の交流が一段と
深まります。
まだまだどうなることやら不安もありますが、
香美町ペースでやっていけるといいなぁ〜


第2回「マルカル学習会+餃子ミーティング」おしらせ

!!第2弾!!
「ボランティアさんの学習会+餃子つくりたべ会」

日本語の教え方や授業のすすめ方などを学びつつ、
みんなで「餃子つくりたべ」しながら、アレコレ
世間話から疑問など何でもおしゃべりします!
どなたでも参加OK!
第1回目の「餃子ミーティング」ご好評につき、
今回も中身(?!)を変えてつくって食べちゃいます!
食べに来るだけでもタメになる〜〜!!
お待ちしています。
以下その時の模様のブログです。
http://mulcul.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html


日時:9月10日(水) 9:30~11:30
場所:村岡区中央公民館
内容:日本語学習の進め方・教え方
講師:香美町地域おこし協力隊 安田くん
材料費:¥300

お問い合せ:
 香美町地域おこし協力隊・ホンダ
 TEL&FAX:0796-80-1207(紙処)
 メール:mulcul@zoho.com
または
 香美町役場企画課(担当:田中)
 TEL: 0796-36-1962
 FAX:0796-36-3809
 メール: norihito_tanaka@town.mikata-kami.lg.jp

8月24日(日)むらおかきょうしつ(村岡公民館)

 今回、遅れての参加でしたが、お馴染み
香美町ボランティアさんも来られていて
学習者さんもしっかり勉強されていました。

今日は卯野先生。
やさしく繰り返し繰り返し日本語の
フレーズを発音されていました。

そして!あらカワイイ☆
小さな参加者さんも!!
しっかりお勉強できたかなぁ〜?

「餃子つくりたべ」+「マルカル勉強会」

第1回目の「マルカル」ボランティアさんの
<授業の進め方勉強会>を開いた。
講師は地域おこし協力隊相方の安田くん!!
二年間、海外での日本語教師歴を活かして
マルカル専属?の講師をしてくれました。

なのだけど・・・
数名のボランティアさんとワタシタチ
地域おこし協力隊で「ただ勉強会じゃつまんない!」
という話しになり、やっぱりリラックスして
「餃子でも作りながら食べながら話す方が
いろんな話しもお互いできて交流が
深まるんじゃない?」と盛り上がり・・・
チラシまでつくってやる気満々!!
(結局、ネット状だけでのお知らせでしたが)



で、迎えた8月7日(木)村岡公民館。
会議室入ると、もう早速<餃子>下準備!
生地をコネコネ〜
すごーーー!全然、勉強会ぽくない〜〜!
すでにかなり楽しい☆


6名のボランティアさん参加。
もちろんしっかり基礎の基礎から講義開始。
「みんなの日本語1」テキストにそって、

①導入 >>
身振り手振りやイラスト、道具などを使って
どういうことを「表している」のかを
だいたいわかってもらう。
②練習A >> 文型説明
③練習B >> ドリル
④練習C >> 会話

これをだいたい雰囲気で表すと、
導入で「おおーー!」
練習は「サクサク」
応用(会話)で「ワイワイ!」

ちなみに安田くんは導入部分が好きだそう。
アレコレ考えてアーでもないコーでもない
と説明する楽しさ、でも懲りすぎると
前に進まないので要注意!だそうです。


というわけで、お待ちかねの
「餃子つくりたべ」開始〜〜☆
場所を会議室から調理室に移動して
手際よく始める安田くん!!
ずごーーーープロっぽい!!
中国4千年の歴史身につけてるなぁ〜

さっきの講義もわかりやすくて、
餃子の作り方も上手に教えてくれる。
主婦のみなさまも手際よく、すぐに
みんな上手につられるようになってる。

ふふ〜〜〜餃子工場!
つくってる間、ぜーーーーんぜん日本語の
話しはでなかったけど、ワイワイホントに
楽しくそれぞれ交流、お互いちょっぴり
近くなったかなぁ〜






そんなこんなで、見てみて!!
すっごいーーーーおいしそう☆
もちろん、お味もシンプルで食感も大満足!

これをまたワイワイ食べながら、もっと
みんな近くなって、自然と地域の
「海外からきた人びと」の話しになった。
やはり心配なのはコミュニケーションが
うまくできず、引きこもっている若いお母さん。
ご自身の生活面や精神的・身体的にも心配だし、
まだ幼い子供さんも事も心配。

今後、学校へ行くようになれば問題が大きくなる。
そのまえに少しでも、何か対策をしたい。
本当にみなさん、真剣にそういう提案や話し合いを
されていた。
この時間、このことが持てたことが何よりヨカッタ。
テーマを決めて与えられて話すこともあるけど、
自然とお互いにいろんな地域の問題を
「自分たちのこととして」話し始められる、
それが<餃子つくりたべ>をした目的。

今後も地域おこし協力隊の活動として「マルカル」
だけでなく、香美町内いろんな会や集まりで
この<餃子つくりたべ>を通じて、本来の
集まる目的や会のコミュニケーションアップを
応援していけるといいなぁ。


8月3日(日)むらおかきょうしつ(村岡公民館)

 今日の教室はコンパクト。
でもいつものように楽しくテンポ良い
河本さんの授業でした。
ただこの日のテキスト内容は「ニュアンス」的な
表現が多く、少し難しそうでした。

例えば相手に「はい(Yes)]と言って
もらえそうな尋ね方「〜でしょう?」
ニュアンスとか習慣的な表現・会話って
教える側としても難しいことですね。

もう一点、「カギ括弧」の文章と、
カッコをはずした文章の表し方が違う。
頭でわかってるけど、難しい〜!

・アイカは「明日いきます。」と言っていました。
・アイカは明日いく、と言っていました。

ちょっと例が悪いですが「です。ます。」を
逆に普通体に戻す作業で、動詞、い形容詞、
な形容詞の変化がある。
なるほどーーー!!
あぁーーにほんご難しい!

みなさんそれぞれのレベルがあるけど、
せっかく同じように授業を受けるなら、
少しでも同じくらいのレベルで理解できるよう
補助学習とか何か工夫できないかな。

そんなことを思った教室でした。

香美町地域おこし協力隊・ホンダアイカ


7月13日(日)むらおかきょうしつ(村岡公民館)

7月13日(日)
この日はとても賑やかでした。
学習者さんも7名、養成講座に参加された
見学者さん私含め5名。
そしてあいうえおさんからのボランティアは
ベテランの籏谷さんが来られました。
キュウキュウに座りながら楽しく学習しました。

二人組になって練習の時間は、
学習者さんに混じって少しアドバイスしながら
参加してみました。
それぞれのペースでゆっくりと、じっくりと。
私にもよい勉強になりました。

香美町地域おこし協力隊・ほんだあいか

6月29日(日)むらおかきょうしつ(村岡公民館)

6月29日(日) 
この日も豊岡のあいうえおさんによる教室がありました。
地域おこし協力隊2名に加えて、ボランティア養成講座に参加された方も2名きてくれました。

あいうえおさんからは優しくてべっぴんな
代表・河本さんがボランティアとして来られました。
学習者さんの気持ちになって、一緒に日本語を
繰り返して発音したり、文法を考えたりしましたが
言葉の「きまり」は難しかったです。
学習者さんともちょっぴり近づけたようで、
これからも楽しみです。

香美町地域おこし協力隊・ほんだあいか