「餃子つくりたべ」+「マルカル勉強会」

第1回目の「マルカル」ボランティアさんの
<授業の進め方勉強会>を開いた。
講師は地域おこし協力隊相方の安田くん!!
二年間、海外での日本語教師歴を活かして
マルカル専属?の講師をしてくれました。

なのだけど・・・
数名のボランティアさんとワタシタチ
地域おこし協力隊で「ただ勉強会じゃつまんない!」
という話しになり、やっぱりリラックスして
「餃子でも作りながら食べながら話す方が
いろんな話しもお互いできて交流が
深まるんじゃない?」と盛り上がり・・・
チラシまでつくってやる気満々!!
(結局、ネット状だけでのお知らせでしたが)



で、迎えた8月7日(木)村岡公民館。
会議室入ると、もう早速<餃子>下準備!
生地をコネコネ〜
すごーーー!全然、勉強会ぽくない〜〜!
すでにかなり楽しい☆


6名のボランティアさん参加。
もちろんしっかり基礎の基礎から講義開始。
「みんなの日本語1」テキストにそって、

①導入 >>
身振り手振りやイラスト、道具などを使って
どういうことを「表している」のかを
だいたいわかってもらう。
②練習A >> 文型説明
③練習B >> ドリル
④練習C >> 会話

これをだいたい雰囲気で表すと、
導入で「おおーー!」
練習は「サクサク」
応用(会話)で「ワイワイ!」

ちなみに安田くんは導入部分が好きだそう。
アレコレ考えてアーでもないコーでもない
と説明する楽しさ、でも懲りすぎると
前に進まないので要注意!だそうです。


というわけで、お待ちかねの
「餃子つくりたべ」開始〜〜☆
場所を会議室から調理室に移動して
手際よく始める安田くん!!
ずごーーーープロっぽい!!
中国4千年の歴史身につけてるなぁ〜

さっきの講義もわかりやすくて、
餃子の作り方も上手に教えてくれる。
主婦のみなさまも手際よく、すぐに
みんな上手につられるようになってる。

ふふ〜〜〜餃子工場!
つくってる間、ぜーーーーんぜん日本語の
話しはでなかったけど、ワイワイホントに
楽しくそれぞれ交流、お互いちょっぴり
近くなったかなぁ〜






そんなこんなで、見てみて!!
すっごいーーーーおいしそう☆
もちろん、お味もシンプルで食感も大満足!

これをまたワイワイ食べながら、もっと
みんな近くなって、自然と地域の
「海外からきた人びと」の話しになった。
やはり心配なのはコミュニケーションが
うまくできず、引きこもっている若いお母さん。
ご自身の生活面や精神的・身体的にも心配だし、
まだ幼い子供さんも事も心配。

今後、学校へ行くようになれば問題が大きくなる。
そのまえに少しでも、何か対策をしたい。
本当にみなさん、真剣にそういう提案や話し合いを
されていた。
この時間、このことが持てたことが何よりヨカッタ。
テーマを決めて与えられて話すこともあるけど、
自然とお互いにいろんな地域の問題を
「自分たちのこととして」話し始められる、
それが<餃子つくりたべ>をした目的。

今後も地域おこし協力隊の活動として「マルカル」
だけでなく、香美町内いろんな会や集まりで
この<餃子つくりたべ>を通じて、本来の
集まる目的や会のコミュニケーションアップを
応援していけるといいなぁ。


8月3日(日)むらおかきょうしつ(村岡公民館)

 今日の教室はコンパクト。
でもいつものように楽しくテンポ良い
河本さんの授業でした。
ただこの日のテキスト内容は「ニュアンス」的な
表現が多く、少し難しそうでした。

例えば相手に「はい(Yes)]と言って
もらえそうな尋ね方「〜でしょう?」
ニュアンスとか習慣的な表現・会話って
教える側としても難しいことですね。

もう一点、「カギ括弧」の文章と、
カッコをはずした文章の表し方が違う。
頭でわかってるけど、難しい〜!

・アイカは「明日いきます。」と言っていました。
・アイカは明日いく、と言っていました。

ちょっと例が悪いですが「です。ます。」を
逆に普通体に戻す作業で、動詞、い形容詞、
な形容詞の変化がある。
なるほどーーー!!
あぁーーにほんご難しい!

みなさんそれぞれのレベルがあるけど、
せっかく同じように授業を受けるなら、
少しでも同じくらいのレベルで理解できるよう
補助学習とか何か工夫できないかな。

そんなことを思った教室でした。

香美町地域おこし協力隊・ホンダアイカ